どうぶつの森アプリの村と町の施設

施設一覧
まめつぶ商店 役場
きっさハトの巣
交番 郵便局

どうぶつの森アプリとは?

どうぶつの森アプリ どうぶつの森アプリのゲームシステムはまだ判明していませんが、「とびだせどうぶつの森」などの過去作からどのようなゲームシステムになるのかある程度予想することができます。

どうぶつの森の目的

どうぶつの森はシリーズによってプレイヤーの立場が様々で、「とびだせどうぶつの森」では村の村長となって家の頭金を貯めるところから始まります。しかし、急いで家の頭金やローンを払う必要はなく基本的に自由となっていて、虫を採ったり魚を釣ったりして楽しむことができます。

自分だけの家

どうぶつの森の一番の醍醐味は自分だけの家を建てられることです。「とびだせどうぶつの森」では頭金さえ用意してしまえば、自由に物を置いたり壁紙を変更したりして自分だけのオリジナルの家を作っていくことができます。「どうぶつの森アプリ」でも自分の家を作っていくのがメインとなりそうです。

キャラクターのファッション

家と同様にプレイヤーのファッションも多種多彩な服や小物を組み合わせることができる。過去作には自分でデザインして服などに張り付けることができましたが、「どうぶつの森アプリ」でも似たような要素があるかもしれません。

どうぶつの森の住人

どうぶつの森シリーズでは多くの住民が登場しており、どの住民も個性豊かで同じ性格の住民はおらず楽しくコミニュケーションをとることができました。「どうぶつの森アプリ」ではプレイヤー全員が村の住民になる可能性がありますね。

友達の家

「とびだせどうぶつの森」では現実世界の友達をゲーム内の自分の村へ招待することができます。逆に友達の村へ遊びに行くこともできるので、友達の家のインテリアを参考にしたりすることができました。また、家を評価する「ハッピーホームアカデミー」もあるので「どうぶつの森アプリ」でも他のプレイヤーの家に遊びに行って評価したりする機能もあるかもしれません。

どうぶつの森シリーズ

どうぶつの森

2001年4月14日にNINTENDO64で発売されたどうぶつの森シリーズ第一弾。 どうぶつの森

どうぶつの森+

2001年12月14日にニンテンドーゲームキューブで発売されました。
イベントが追加されて、新たに博物館・仕立屋が追加されました。 どうぶつの森+

どうぶつの森e+

2003年6月27日にニンテンドーゲームキューブで発売されました。
イベントや家具・お店の看板などが北米で発売されている『Animal Crossing』の仕様に変更されました。 どうぶつの森e+

おいでよ どうぶつの森

2005年11月23日にニンテンドーDSで発売されました。
内容が大幅に変更されて、フリーマーケットなどの新イベントが登場しました。また、空が表示されたりDSのタッチスクリーンを使用した新しい操作方法が採用され、すれ違い通信やニンテンドーWi-FiコネクションなどのDSの無線通信機能を使用した新たな通信機能が追加されました。施設に関しては郵便局と駅がなくなり役場と関所が追加されています。 おいでよ どうぶつの森

街へいこうよ どうぶつの森

2008年11月20日にWiiで発売されました。
以降作品が新しくなるにつれて虫や魚の種類が増えて、捕まえるのがどんどん難しくなっています。 街へいこうよ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森

2012年11月8日にニンテンドー3DSで発売されました。 とびだせ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森 amiibo+

2016年11月23日にニンテンドー3DSで発売されました。 とびだせ どうぶつの森 amiibo+

どうぶつの森アプリ

どうぶつの森アプリ
公式HP なし
配信日 未定
ジャンル コミュニケーションゲーム
開発元 任天堂
発売元 任天堂
対応機種 iOS/Android
価格 未定