金のなる木の作り方と確率の説明

どうぶつの森における金のなる木の作り方と確率の説明の記事です。埋めるベルによってどのぐらい確率が変化するのか、また確率を上げる方法について紹介していきます。
<注意>
現在掲載している情報はとびだせどうぶつの森を参考にしています。

金のなる木の作り方と確率の説明

どうぶつの森アプリの金のなる木

金のなる木とは?

金のなる木の作り方と確率の説明
金のなる木とは、名前の通りベル(お金)がなる木です。ベルを埋めることで、1つの木に3万ベルの袋が3つなります。合計9万ベルの大金を手にいれる事が出来ます。
しかし確実に金のなる木になるとは限らないギャンブル性のある稼ぎ方なので注意が必要ですね。

金のなる木の作り方と確率

金のなる木の作り方と確率の説明

金のなる木の注意点

①同じ日にベルを埋めた場合、2回目以降のものは必ず失敗します。

②周りに木や家があると木になりません。

金のなる木の作り方

①きんのスコップを手に入れておきましょう。

②1000ベル以上の袋を用意しましょう。

きんのスコップで1000ベル以上を地面に埋めるだけの簡単な作業です。

金のなる木の確率

金のなる木の作り方と確率の説明
必ず金のなる木になるとは限りませんが、ある程度プレイヤー側で確率を上げる事は可能です。

①村の条例をリッチな村にしましょう。

②風水の金運を上げます。

③埋めるベルを多くしましょう。

④肥料を埋めましょう。

肥料を毎日あげる前提で、埋めるベルが3万ベルであれば約3分の1で木に育ちます。最低値の1000ベルであれば育つ確率は約10分の1ですので9万ベルであれば確実に木になりますが手に入るベルが9万ベルと固定なので収入がプラスにはなりませんね。

Leave a Reply