金のなる木の作り方と確率の説明

どうぶつの森アプリの金のなる木

金のなる木とは?

金のなる木の作り方と確率の説明
金のなる木とは、名前の通りベル(お金)がなる木。
1つの木に3万ベルの袋が3つなるので、合計9万ベルの大金を手にいれる事が出来る。
しかし確実に金のなる木になるとは限らないギャンブル性のある稼ぎ方なので注意が必要だ。

金のなる木の作り方と確率

金のなる木の作り方と確率の説明

金のなる木の作り方

①金のスコップを手に入れておく

②1000ベル以上の袋を用意

金のスコップで1000ベル以上を地面に埋めるだけの簡単な作業。

金のなる木の注意点

①同じ日に埋めた2回目以降のものは必ず失敗する

②周りに木や家があると木にならない

金のなる木の確率

金のなる木の作り方と確率の説明
必ず金のなる木になるとは限らないが、ある程度プレイヤー側で確率を上げる事は可能

①村の条例をリッチな村にする

②風水の金運を上げる

③埋めるベルを多くする(ただし9万ベル以上だと利益はない)

④肥料を埋める

よく読まれている関連記事
攻略データベース
おすすめ掲示板

Leave a Reply



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)